沖縄県内の戸建て・マンションの物件情報サイト

一戸建て・マンションなど物件のことお気軽にどうぞ

【営業時間 8:30~21:00(不定休)】

電話する

【営業時間 8:30~21:00(不定休)】

不動産購入の基礎知識 売買契約について

売買契約について

売買契約に関する基礎知識

物件を購入することが決定したら、物件の売り主と不動産売買契約を結ぶことになります。

契約を締結すると、簡単に取り消すことはできなくなりますので、契約前にはしっかりと内容について精査する必要があります。

契約後にトラブルにならないためにも、売買契約に関する基礎知識をしっかりと身に着けておきましょう。

■売買契約に記載されていること

不動産売買契約書には、売買代金や売買対象となる不動産の面積、引き渡しの時期、支払い日、ローン特約、瑕疵担保責任、違反による契約解除などについて記載されています。

売買契約書は一般的に「全国宅地建物取引業保証協会」「(財)不動産適正取引推進機構」が作成した標準フォーマットの契約書を使用していることが多いですが、不動産会社によって多少フォーマットが異なってきますので、確認が必要です。

■瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)について

不動産の売買後に契約時に気付かなかった瑕疵・欠陥などが発覚した際の責任について記載されているのが、瑕疵担保責任の項目です。

購入後に欠陥が発覚する可能性もゼロではありませんので、売り主に対して損害請求を行うことができる権利の把握はとても重要です。

売買契約時には瑕疵担保責任の項目はきちんと確認するようにしましょう。

■契約違反による契約の解除について

売買契約には一般的に買い主や売り主の契約違反による解除について記載されています。

契約の解除には違約金などの額が記載されておりますので、万が一のときのためにもしっかりと確認をしておきましょう。